オーナーズブックのリスクとリターン | オーナーズブックで不動産投資を始めよう

HOME » オーナーズブックとは? » オーナーズブックのリスクとリターン

オーナーズブックのリスクとリターン

オーナーズブックは、不動産投資を少ない金額でリスクを抑えて始めることができる、新しい形のクラウドファンディングサービスです。
取引する前に知っておきたい、オーナーズブックの仕組みとメリット、そして考慮しておいた方がいいリスクについて説明したいと思います。

オーナーズブックは、募集案件の中から投資家が好みの物件を選び、投資できる範囲の口数で資金を投入して、募集完了を待つ流れになります。
物件には成立募集金額というものが設けられていて、その金額に到達して初めてオーナーに貸し付けが行われる仕組みです。
募集が成立すれば、資金を貸し付けた投資家はその物件の担保権保有者となり、債権者ということになります。
ここは株式取引や先物取引とは違った点で、購入した段階で担保権が生じるというのがオーナーズブックの良いところです。
不動産投資特有の形になる資産に対しての投資が、少額から始められるというのが画期的なサービスです。

オーナーズブックを始める前に、いくつかリスクを知っておかなければなりません。
投機商品に比べて、比較的安全に運用できるのがオーナーズブックの良いところですが、元本保証がされているわけではないので、注意が必要です。
物件価格が下落すると、投資したお金自体が元本割れになる可能性があります。
リスクゼロで運用できるわけではありませんので、その点は十分承知しておく必要があるでしょう。

ただオーナーズブックは、2012年から運営を始めて以来、2018年まで、一度も元本割れを起こしたことがないようです。
今後も起こさないというわけではありませんが、株式取引のようにハイリスクハイリターンな投資先ではないということがわかります。

あと、オーナーズブックは銀行の定期預金のように、預け入れには期間が設けられています。
途中解約はできませんので、預けたら予定運用期間が終了になるまで引き出すことができません。
資金のフットワーク性能は、株式や為替と比べて低いので注意が必要です。

そのような不便な点はありますが、配当利回りにおいてはなかなかのリターンがありますので期待ができます。
銀行口座だと定期預金だとしても、1%を切っているようなご時世です。
オーナーズブックの配当利回りは、4%以上から14%以上という高配当利回りを実現しています。
銀行にお金を預けるよりも、断然にオーナーズブックの方が儲けやすい商品だということが分かるでしょう。
この機会に、新感覚の不動産投資を始めてみてはいかがでしょうか。