オーナーズブックは不評じゃないの? | オーナーズブックで不動産投資を始めよう

HOME » オーナーズブックとは? » オーナーズブックは不評じゃないの?

オーナーズブックは不評じゃないの?

今話題の不動産投資型のクラウドファンディング「オーナーズブック」は、投資家の間で不評なのでしょうか?それとも好評なのでしょうか?
そもそもオーナーズブックとは、一体どういうサービスなのでしょうか?
詳しく説明しながらその評判についても紹介したいと思います。

オーナーズブックというのは、数千万円以上する不動産物件を一口いくらかで貸付を募集するサービスのことです。
クラウドファンディングというのが最近では流行りましたが、それの不動産投資型のソーシャルレンディングサービスということになります。

投資家登録をした人は、オーナーズブックの中で紹介されている好みの案件を選んで、自分の資金力に見合った投資を行います。
投資された金額の割合によって、配当が還元され、大体年利4%から最大で14%以上の利益を獲得することができます。
元本保証は法律によってされてはいませんが、これまでの実績では58億円分の案件を運用してきて元本割れをした案件はひとつもないというのがオーナーズブックのすごいところです。

オーナーズブックに取り扱われている案件は、流動性の高い東京の物件が中心ですので、資金が集まりやすく、担保としても価値が高いです。
オーナーズブックで資金を投入すると、FXや先物と違って 不動産の債権を所有することになりますので、誰でも投資家としての地位を得ることができます。
インターネット上には、オーナーズブックの不評口コミはあまり見当たらず、リスクの高い投資信託よりも安定して利益を出すことができますので、資産運用を考えていた人にとっては、かなり最適なサービスだと思われます。

オーナーズブックを運用している会社は、ロードスターキャピタル株式会社と言う東証マザーズの上場企業で、資本金は20億円以上の安定企業です。
2012年に設立されたことから、まだ日は浅いですが元本割れ案件がゼロと言う素晴らしい実績を残しています。

オーナーズブックへの口座開設は、インターネット上で申込みを行い、口座開設完了通知のハガキが来たら取引を開始することができます。
取引はパソコンだけではなくスマホでも状況を確認することができ、投資家同士がコミュニティアプリを使って情報のやり取りをすることも可能です。

もちろん全員が、口座開設の審査に通過するわけではないのですが、20歳以上75歳未満で、経済的に安定している人であれば、審査はまず大丈夫かと思われます。
これまでハードルが高かった不動産投資も、このオーナーズブックの登場で、誰でも手軽に楽しめるようになるでしょう。