オーナーズブックはどんなクラウドファンディング? | オーナーズブックで不動産投資を始めよう

オーナーズブックはどんなクラウドファンディング?

最近、話題のクラウドファンディングは、これまでの資金調達手段とは全く変わった新しい方法です。
これまでビジネスで資金を調達する時には、銀行から融資を受けるのが一般的でしたが、クラウドファンディングでは一般人から一口いくらかで投資金を集めて、資金を調達するという方法です。
最近ではこのクラウドファンディングというサービスを介して、資金調達を行う起業家が増えてきています。

▼ 目次

クラウドファンディングで人気のオーナーズブックとは

クラウドファンディングは、銀行の融資と違って現金自体を返済するのではなく、対価としてのサービスを投資をしてくれた人に提供して恩返しを行います。
通常の融資と違って担保を必要としないので、 起業家にとっても安心して利用できるサービスだと言えるでしょう。

そんなクラウドファンディングの中で、最近注目を集めているのが不動産投資案件のクラウドファンディングです。
オーナーズブックというクラウドファンディングは、プロが選んだ不動産物件に投資をしてその利回りをバックマージンとして受け取れるというサービスです。
不動産を売却したい人と不動産に投資をしたい人をつなぐサービスになります。

厳密に言うと利回りの配当があるので、返済型のクラウドファンディングではなく投資信託という金融商品に当たります。
ですからオーナーズブックを運営する会社は、関東財務局から、金融商品取引業の許可をもらって営業しています。
一般的な起業資金を集めるクラウドファンディングとは少し異色なので、その点は注意しておく必要があるでしょう。

オーナーズブックのサービスについて教えて

さてそんなオーナーズブックですが、一体どんなサービスなのでしょうか?
詳しく説明していきたいと思います。
オーナーズブックとは、 いわゆる不動産を口数に分けて投資するサービスのことです。
通常不動産を買うときは数千万円規模のお金が必要になりますが、小口に分けることで、少額からでも投資をすることが可能になります。
オーナーズブックでは最低1万円からの不動産投資が可能で、最大で14%以上の利回りを獲得することができると言う、新感覚の少額投資型不動産投資ということになります。

どういう人にオススメなのかと言うと、何かしらの資産運用はしたいが自分で株式やFXなどの投機性の高い金融商品を運用するのは怖いという人や、不動産を買う資金までは持っていないが少額で投資ができるのであればやってみたいという人向けです。
投資の仕方としては、毎月余裕資金の範囲内で積み立てる累積投資が、一番リスクを分散して最大限のリターンを得られる方法かと思われます。

オーナーズブックは、投資した元本が保証されているわけではありませんので、一度にまとまった資金を投入した場合、元本割れした時に大きな損害を被ってしまいます。
そうならないために時間を分散して資金を投入することで、仮に元本割れした時でも残された資金で安値で取得平均コストを下げることができますので、リスクを抑えた投資をすることができます。
この方法は投資の基本的な手法として今でも確立されており、大きく負けないための有効な戦術のひとつです。

儲ける可能性があるものには、必ずリスクがあるものだと考えた方がいいです。
ただこのオーナーズブックは、2012年に会社が設立されてから今まで、58億円規模の案件を運用してきたようですが、元本割れをした案件はゼロという実績があります。
もちろんこれから先、元本割れを絶対しないという保証があるわけではないのですが、 かなり信頼性の高い投資物件を取り扱っているようです。

オーナーズブックの評判はこちら

オーナーズブックの仕組みとは

不動産投資をする上で重要なポイントとしては、流動性の高い物件を選ぶということなのですがオーナーズブックで取り扱っている不動産は、比較的値下がりリスクが少なく流動性の高い都心部の不動産のみをプロが厳選しています。
地方にあるような、なかなか買い手がつかない物件は取り扱っていませんので、比較的安定した利回りの配当が期待できます。
クラウドファンディングの募集が申し込み総額まで集まれば、高い利回りでの運用が期待されるようになります。

ちなみにオーナーズブックが徴収する手数料は、その利回りから相殺するようになっています。
万が一元本割れをした場合でも、別途手数料が請求されることはありません。
口座開設、口座維持管理、案件取引に関する手数料が全て無料で取引できますので、初めての人でも安心して参入することはできるでしょう。
ただし入出金に関する手数料は、銀行振込手数料として別途かかりますのでこの点には注意が必要です。

オーナーズブックを始めよう

さてそんなオーナーズブックの、口座開設に必要な事前準備とはどんなものなのでしょう。
まず必要なのは、口座開設の時に本人確認として連絡用メールアドレスを用意しておかなければなりません。
そのメールアドレスに口座開設の連絡が来ますので、Gメールなどを作っておいて活用すればいいでしょう。
後は運転免許証やパスポートなどの、本人確認書類が必要になります。

これだけの準備ができていればあとは必要事項をパソコンやスマホ で入力して、 ネットで送信すればOKです。
初心者でも簡単に口座開設ができますので、不動産型のクラウドファンディングに興味がある人はオーナーズブックを検討してみましょう。

新着情報

オーナーズブックのリスクとリターン

オーナーズブックは、不動産投資を少ない金額でリスクを抑えて始めることができる、新しい形のクラウドファンディングサービスです。
取引する前に知っておきたい、オーナーズブックの仕組みとメリット、そして考慮しておいた方がいいリスクについて説明したいと思います。
オーナーズブックのリスクとリターン の続きを読む

オーナーズブックは不評じゃないの?

今話題の不動産投資型のクラウドファンディング「オーナーズブック」は、投資家の間で不評なのでしょうか?それとも好評なのでしょうか?
そもそもオーナーズブックとは、一体どういうサービスなのでしょうか?
詳しく説明しながらその評判についても紹介したいと思います。
オーナーズブックは不評じゃないの? の続きを読む

オーナーズブックの不動産投資案件

不動産を一口いくらかで少額取引ができる、新感覚のクラウドファンディングが今人気です。
オーナーズブックと言うそのサービスですが、一体どのような案件を取り扱っているのでしょうか?
オーナーズブックで取り扱っている不動産物件の参考例を紹介したいと思います。
オーナーズブックの不動産投資案件 の続きを読む

オーナーズブックに課税される税金は?

オーナーズブックは、不動産投資の醍醐味を少額から楽しめる、新しい形のクラウドファンディングです。
これまで不動産投資は敷居が高すぎて、参入することができなかった人でも気軽に購入して、利益が出れば配当を受け取ることができます。
そもそもオーナーズブックとはどういうサービスなのでしょうか?
またオーナーズブックでかかる税金はどのような所得区分で、またどのような割合で課税されるのでしょうか?
ここで詳しく説明していきたいと思います。
オーナーズブックに課税される税金は? の続きを読む